ここがページのトップです

技術情報

免震工法

概要

免震構法は、建築物の基礎とその上部構造の間に、地震時の建物の振動を水平方向のゆったりとした動きに和らげるバネ機能(アイソレータ)と、揺れをできるだけ早く減衰させ、一定限度以上の振幅に揺れないように抑えるダンピング機能をもった免震装置を設けることで、地震のエネルギーを吸収して建築物の安全性を向上させ、財産を守ることができます。
免震装置は、天然ゴム系積層ゴム支承とダンパー(鋼製、粘性)を組み合わせたもの、ゴム自身に減衰性を持たせた高減衰積層ゴム支承、鉛の塑性変形能力を減衰性に利用した鉛入り積層ゴム支承の3種類があり、建物の用途、耐震性能目標を考慮して選択します。

特徴

建築物が地震時に地盤から受ける力を、その用途、耐震性能目標に合わせ、制御することが可能です。
従って建築物の安全性の向上、安心感・居住性の向上、機能性の維持、財産の保全といった効果をもたらします。

お気軽にお問い合わせください